患者のニーズはどこにある?
患者中心の医療を実現するには
患者の声に耳を傾け、その想いに応えることは、医療に携わる者すべての使命です。しかし、患者中心の医療を実現するにはどうすればいいのでしょうか? 本特集では、患者ニーズの把握方法や、それを製品開発やマーケティング施策に落とし込む具体的な手法を解説した記事や他社事例などをピックアップ。患者起点の発想で、新たな価値創造を目指すヒントをお届けします。
他社の取り組み事例から学ぶ
データに基づくセグメンテーションで、患者の行動が変わる|キャンサースキャンに聞く疾患啓発の本質とは
製薬マーケティング
データに基づくセグメンテーションで、患者の行動が変わる|キャンサースキャンに聞く疾患啓発の本質とは

患者向けの疾患啓発は、製薬マーケティングの担当者にとって重要な取り組み事項の一つです。しかし、医師へのアプローチに重点を置くあまり、なかなか取り組めなかったり、取り組んだとしても画一的な内容になってしまうことも多いのではないでしょうか。患者の「行動変容」 を促すには何が必要なのか。15年以上にわたって健康診断・検診の受診促進や生活習慣病の治療率向上で成果を上げ続け、製薬企業とも協業してきた株式会社キャンサースキャン 代表取締役社長の福吉潤氏にお聞きします。

2024.05.27
EAファーマに聞く、IBD患者様向けアプリに込めた想い
テクノロジー
EAファーマに聞く、IBD患者様向けアプリに込めた想い

2016年にエーザイグループと味の素グループの消化器事業が統合して発足したEAファーマ株式会社。2023年1月に炎症性腸疾患(以下IBD)患者様向けに、スマートフォンアプリ「IBDサポート」をリリースし、順調にユーザー数を伸ばしています。そこで、同社にて「IBDサポート」の開発および運営を担当する舟見氏、広報担当の奈良岡氏と阿部氏にインタビュー。同社のペイシェント・エンゲージメントの取り組みや、アプリ開発の経緯、成功のポイントをお聞きしました。

2023.08.16
希少疾病用医薬品のマーケティングにおける課題とオウンドメディアでの取り組み
製薬マーケティング
希少疾病用医薬品のマーケティングにおける課題とオウンドメディアでの取り組み

希少疾患領域で事業を展開するBioMarin Pharmaceutical Japan株式会社では、オウンドメディア運営などを通じて希少疾患のマーケティングや、「患者中心の医療」という概念であるペイシェントセントリシティの体現に取り組んでいます。同社代表取締役の中村圭氏ならびにセールス&マーケティング部 マルチチャネルカスタマーエンゲージメント シニアスペシャリストの佐藤大輔氏に、希少疾患におけるマーケターの意識や、実際の取り組みにおいて留意している点などについて取材しました。

2023.03.13
業界有識者の視点から学ぶ
医薬品市場でのCX創造のためのソーシャルリスニングとデザイン思考の応用|#1 ペイシェントセントリシティが改めて叫ばれる時代背景
製薬マーケティング
医薬品市場でのCX創造のためのソーシャルリスニングとデザイン思考の応用|#1 ペイシェントセントリシティが改めて叫ばれる時代背景

この連載では、ソーシャルリスニングとデザインシンキングの思考法を繋ぎ合わせたプログラム「ペイシェント・リーダー®」を活用して製薬企業のマーケティングサポートに携わってきた経験をもとに、ペイシェント・セントリックな顧客体験(CX)を創造するための重要なプロセスを解説します。第1回は「ペイシェントセントリシティが改めて叫ばれる時代背景」がテーマです。

(トランサージュ株式会社 代表取締役 瀧口 慎太郎)

2023.12.04
製薬マーケターが知っておきたい、PSPの開発を10ステップで解説
プロモーション
製薬マーケターが知っておきたい、PSPの開発を10ステップで解説

Patient Support Program(以下PSP)は、患者支援プログラムのことを指し、治療の成果や服薬遵守率を向上させて患者さんのQOL(生活の質)を改善することを目的としています。近年、多くの製薬企業で提供されるようになってきており、治療の継続率向上のみならず、医療従事者/患者さん/製薬企業の結びつきの強化、ブランド認知への貢献など、その重要性が増しています。

今日はPSPに関する簡単な概略と、PSPの組み立てから実装について、その実際をご紹介していきたいと思います。

2023.11.27
【コラム】第3回 ペイシェントセントリシティは、製品の成長にどのように繋がるのか?
製薬マーケティング
【コラム】第3回 ペイシェントセントリシティは、製品の成長にどのように繋がるのか?
本コラムでは、わたしたちがトレーニングの際などに聞かれるシンプルかつ根本的な医薬品マーケティングに関する質問にお答えしたいと思います。第3回は「ペイシェントセントリシティは製品の成長にどう繋がるのか?」がテーマです。(トランサージュ株式会社 代表取締役 瀧口 慎太郎)
2022.07.25
【コラム】製薬企業がペイシェントジャーニーを作成する価値を理解しよう
製薬マーケティング
【コラム】製薬企業がペイシェントジャーニーを作成する価値を理解しよう

近年、ペイシェントジャーニーは多くの製薬企業でマーケティングに活用され、製薬業界内にも広く知られるようになりました。しかし、製薬業界のペイシェントジャーニーは、自社製品の売上アップありきで考えられていることが多く、患者さんの実態を捉えていないため、結果が出ていないケースも見受けられます。今回は、「ペイシェントジャーニーの本質を掴み、何を価値として提供するのか」について改めて考えてみましょう。

2023.01.30
【コラム】第2回 処方は医師が決めるのに、患者の声を聞く意味はあるのか?
製薬マーケティング
【コラム】第2回 処方は医師が決めるのに、患者の声を聞く意味はあるのか?
これまで製薬企業のマーケティングやセールスに関する人材育成等のサポートに携わってきた中で、製薬企業の方からさまざまなご質問をいただいてきました。この連載では、これまでいただいた医薬品マーケティングに関する質問にお答えしたいと思います。第2回は「処方は医師が決めるのに、患者の声を聞く意味はあるのか?」がテーマです。
2022.06.15
【コラム】JMDC COOに聞く!"ペイシェントジャーニー”の考え方
製薬マーケティング
【コラム】JMDC COOに聞く!"ペイシェントジャーニー”の考え方
多くの製薬企業で、"医師中心の"から"患者中心の"への転換が議論されるようになってきました。その中でも、患者側からみたときの疾患や受診に関連した体験を表す、"ペイシェントジャーニー"は特にキーワードとして注目されている気がします。今回のコラムではペイシェンジャーニーの考え方やデータの活用方法に関してお伝えします。
2021.09.08
【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 
製薬マーケティング
【コラム】JMDC COOに聞く!患者啓発に使えるリアルワールドデータ 
(株)JMDCのCOO杉田氏が、製薬企業におけるリアルワールドデータ(RWD)などデータ活用のヒントをお伝えする本コラム。今回は患者啓発においてリアルワールドデータを活用した事例に触れてみます。
2022.09.07
知見が凝縮された講演から学ぶ
疾患啓発サイトに病院検索サービスを連携させ、患者の受診促進を強化/MDMD2024Summerレポート
セミナー・イベントレポート
疾患啓発サイトに病院検索サービスを連携させ、患者の受診促進を強化/MDMD2024Summerレポート

医療・製薬業界で「ペイシェントセントリシティ」の重要性が説かれる今、製薬企業による疾患啓発(DTC)の設計を見直す動きが増えてきています。2024年6月に開催されたMedinew Digital Marketing Day(MDMD)2024 Summerで株式会社メディウィルの城間波留人氏が登壇したセッションでは、「病院検索サービス」を活用した疾患啓発について、事例を交えながら提案がなされました。本記事では、インターネット上のペイシェントジャーニーに添った患者の受診促進につながる疾患啓発の設計や、その事例についてまとめます。

2024.06.19
サワイグループが目指す、PHRアプリ「SaluDi」で切り開く新しい健康社会の実現/メディカルDX・ヘルステックフォーラム2023
セミナー・イベントレポート
サワイグループが目指す、PHRアプリ「SaluDi」で切り開く新しい健康社会の実現/メディカルDX・ヘルステックフォーラム2023

2023年7月29日にオンラインで開催された、医療・ヘルスケア分野でのDX活用事例や課題、ソリューションなどを産官学で共有する「メディカル DX・ヘルステックフォーラム2023」。沢井製薬株式会社 システム部 理事・システム部長の竹田幸司氏が、同社のPHRアプリ「SaluDi(サルディ)」について講演を行いました。その機能や健康行動変容への影響、生涯PHRアプリとしての今後の展開について紹介します。

2023.09.15
患者や医師も気づいていない真実を導くペイシェントジャーニーの作り方/MDMD2023Autumnレポート
セミナー・イベントレポート
患者や医師も気づいていない真実を導くペイシェントジャーニーの作り方/MDMD2023Autumnレポート

製薬企業や医療関連企業にとって、患者のニーズに合致するより良い製品やサービスを提供するためにペイシェントジャーニーは欠かせません。しかし、実情に即したペイシェントジャーニーを作成し、適切に運用できていると自信を持って言えるでしょうか?Medinew Digital Marketing Day(MDMD)2023 Autumnでは、株式会社JMDC 製薬本部 野本有香氏が患者の実態と声を網羅的に反映したペイシェントジャーニー作成のメリットや活用方法について講演を行いました。

2023.10.25|Sponsored
イベントサマリー/ITで患者中心の医療を実現するには?Patient Support Programの現状と今後の展望
セミナー・イベントレポート
イベントサマリー/ITで患者中心の医療を実現するには?Patient Support Programの現状と今後の展望

2023年4月に開催された、国内最大級のデジタル/IT×製薬業界をつなぐイベント 『ファーマIT&デジタルヘルス エキスポ 2023』。本記事では、ファーマITで行われたPatient Support Program(PSP)をテーマとする3つのセミナーから要点をまとめて紹介。患者中心の医療の実現のために注目されるPSPの現状と今後の展望をレポートします。

2023.05.31
その他の特集